コラム

最新コラム

No.091 『 ロハスプリント イヤーブック 2013-2014 』
2014/01

皆様、明けましておめでとう御座います!
ASIAMIX株式会社、代表の東海林(しょうじ)です!

毎年恒例の「ロハスプリント イヤーブック」も早4年目、この月間コラムも7年目に突入することになりました。

昨年当社は50周年を迎え、次の100周年を目指す折り返し地点となりました。昨年はオフセット印刷ビジネスで長き間お付き合いを頂いているお客様に感謝をすると共に、次の半世紀も通用する新たなビジネスモデルを構築する為に奔走した1年となりました。 早速、当社の昨年の動きをご報告致します。

@印材ビジネス
昨年も弊社の東京、名古屋、大阪、金沢、福岡という5カ所の拠点を中心に、多くのお客様にご愛顧を頂けた1年となりました。当社は1964年に「エスケー液製造株式会社」を設立し、日本で初めて湿し水原液「エスケー液」を販売して、 元々はオフセット印刷資材メーカーとしてスタートしておりますが、 その後2代目社長、現在の会長である東海林信行が海外製品の輸入販売に舵を切り、商社的なビジネスがメインになりました。そして今から9年前の2005年に小生が3代目代表として就任しましたが、 社会のデジタル化が進み、印刷業界も毎年縮小傾向となり、当社が長年付き合ってきた海外の資材メーカーが買収にあったり、倒産するケースが出てきた為、「海外製品だけに頼るビジネスモデルは危険だ」と判断し、2009年に研究開発部を構え「メーカー回帰」 というプロジェクトをスタートさせました。そのプロジェクトも5年目を迎え、お陰様で、毎年自社製品の売上と比率が健全に伸びており、より良い体制が整いつつあります。また、昨年は当社の10人の営業スタッフが国家試験である印刷一級に挑戦し、 見事全員が合格するという嬉しいニュースもありました。これにより、当社の12人の営業スタッフ中、11人が印刷一級を保有しているというユニークな営業部へと成長出来ております。厳しい印刷業界ですが、これからもスタッフ一丸となって、 お客様と共に「健全で持続可能な印刷」を実践して行きたいと思います。宜しくお願い致します!

Aアジア展開
昨年は当社のアジア展開も5年目を迎え、香港のグループヘッドコーターであるAsiamix Hong Kongを筆頭に、Asiamix Japan(東京・大阪・名古屋・金沢・福岡)、Asiamix Korea(ソウル)、Asiamix China(上海・大連)という体制が大分定着してきた感があります。 中国市場では、近年日中間の政治的な緊張が高まり、日本から送った商品が中国の税関でブロックされてしまうことも増えて来たため、昨年は日本資本の外資系企業であったロハスプリント大連を、中国資本の内資系企業、Asiamix Chinaに移行することを行いました。 この5年間、文化や商風習の違いで、様々な問題に直面してきました。今後もこれは続くでしょうが、1つ1つ粘り強くクリアーしていき、そのノウハウを蓄積して、10年後、20年後にはアジア全域で当たり前のように商売をしている姿を目指して行きたいと思います。

Bコーヒービジネス
2年前にコーヒービジネスへの参入を決定してから、「印材会社が何故コーヒーなの?」と多くの人に聞かれてきました。その理由はとてもシンプルで、印刷資材もコーヒーも、共に毎日大量に消費される消耗品であると同時に、当社が50年間で培った、 海外とのビジネスのノウハウが活かせる、とても似たビジネスモデルという点が背景にあります。昨年は2月に香港で、コーヒービジネスの初の直営店となる、% Arabica Coffee Roaster & Farmをオープンして、小生もバリスタとして毎日ショップに立ち、 コーヒービジネスを体感した1年となりました。昨年1年でコーヒービジネスは大分前進することができ、世界最先端のエスプレッソマシン、スレイヤーの日本と香港の代理店、国産高性能焙煎機トルネードキングの海外発売元、ケメックスのアジアの代理店、 カリタの香港の代理店、そしてスペシャリティコーヒー生豆の日本への輸入元など、 ビジネスチャンスに恵まれた年となりました。今年は4月に香港のセントラルで% Arabica Coffee Roaster & Farmの2号店のオープンが既に決定済み。 そして日本でも京都に日本1号店を出店しようかと検討中です。今年もこの新しいコーヒービジネスで確実に前進する1年としたいと思います。宜しくお願い致します。

Cドメインビジネス
昨年は印刷とコーヒービジネスに加えて、今後の当社の核をなす3番目のビジネスにも着手した1年となりました。現在世界のインターネットの.comや.netといったトップレベルドメインは22種類存在しておりますが、これらのドメイン名がすでに満杯状態にあり、 .comや.netで取得したい名前を申請しても、既に世界の誰かが取得済みという状態になっております。この状況を打開する為に、世界のインターネットドメインを管理するカリフォルニアのICANNという団体が、 2012年に一気にトップレベルドメインを増やすという募集を全世界に向けて行いました。これは.comや.netといったドメインのオーナーになれる一世一代のチャンスですので、当社も香港でAsiamix Digitalというドメインビジネス専門の会社を設立し、 色々とニッチなドメイン名を考え、世界の様々な分野のファン向けのドメインとして、.fansの取得に動き、2年間に渡る紆余曲折の結果、晴れてこのドメインのオーナーとなることに成功致しました。このドメインは、世界各国で販売することができ、 例えば都市名だけをみても、tokyo.fans、newyork.fans、paris.fans、rome.fansと各国の自治体に向けて販売が可能。食事をとっても、ramen.fans、sushi.fans、pizza.fans、pasta.fansなどと世界の誰かが必ず購入するようなドメイン名となります。 また、歌手、俳優、スポーツ選手などの有名人をとっても、beatles.fans、tomcruse.fans、messi.fansなどと世界のタレント事務所や熱狂的ファンに向けて販売でき、ブランドで考えても、apple.fans、louisvuitton.fansと無限の可能性があり、 この新たなビジネスチャンスにスタッフ一同とても興奮しております。

D社名変更
このようにコーヒーやドメインという新たな活動が増えるにつれて、「ロハスプリントという名前でこれらの新ビジネスを展開するのはおかしいのでは?」という意見が出てきて、再度社名変更の必要性が浮上して来ました。しかし、当社は2010年にエスケー液製造株式会社から ロハスプリント株式会社へと社名を変えたばかりでしたので、こうも立て続けに変えて良いものか?と悩みましたが、昨年は丁度50周年で、次の100周年に向けてと考えると、やるべきだ!という考えが勝り、4月に再びロハスプリント株式会社からASIAMIX株式会社へと進化させました。 この4年間で2度も社名を変更することになり、お客様には大変なご迷惑をおかけ致しましたが、今後は「アジアをミックスする」というASIAMIX株式会社という社名で100周年を目指していく決意で御座います。印刷資材の販売は、引き続き、ロハスプリントというブランド名で活動を 続けて参ります。宜しくお願い致します。

E次の50年に向けて
本日1月6日から、当社の第51期がスタート致します。やるべきことはシンプルで、印刷ビジネスとコーヒービジネスにおいては、日本、香港、中国、韓国でより多くの売上げを目指し、ドメインビジネスにおいては、世界各国でより多くのドメイン名を売ることに尽きますので、毎日を大切に、 1歩1歩前進していきたいと思います。印刷業界においては、今年も全国の印刷会社様、印刷資材の代理店様に喜ばれる商品とサービスを追求していく所存で御座います。引き続き、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します!

最後になりますが、昨年スタッフ間の投票により、年間MVPに選ばれた、営業部の山田と、ロジスティックス部の山下。今年から営業部全体を取りまとめるグループマネージャーに就任した当社の若き司令塔である桐生。そして、昨年から今年にかけて入社をした新入社員をご紹介致します。

皆様、今年もロハスプリント・イヤーブックをお読みになって下さり、有難うございました!

 

 
筆者: