【第27回】

実施日
天気
場所

: 2010/04/11(日)
:晴れ 最高気温22℃
:高尾の森(八王子市 裏高尾町小下沢国有林)

 

出発して間もなくのメンバー。
気力&体力ともに充実しています。


今年も植樹活動を行うべく、ロハスプリントの精鋭6名が高尾の森に集結し、「植樹祭」にボランティア参加しました!
今回で2回目の植樹活動ということもあり、メンバーの間にはリラックスしたムードが漂います。この時はまだいくつもの試練が待ち受けていることを知らずにいました…。


足取りは軽やか♪
ピースをする余裕も。


植樹エリアまで徒歩で1時間ほど山を登ります。
この日の天候は、午前中は曇っていましたが、午後になるにつれて晴れてきて、絶好のGROW日和になりました。


腰にぶら下げている水は、エコな天然水「いろはす」。


登るにつれて傾斜がキツくなてきました。
歩くペースがダウンし、次第に無口になっていきます。
そんな中でも元気なのは新人のサントリーです。
前回のお花見の場所取りでも活躍した彼が、今回もムードメーカーとなって場を盛り上げてくれました。
本人は「自分は暑さも寒さもへっちゃらなタフガイですから」と胸を張っていました。
カッコ良すぎるぞサントリー!


ルート確認は計画的に!


リーダーのあべっちは、休憩時間も休むことなくルートの確認をして、メンバーが安全に行動できるよう気を配ってくれました。
そんな彼に今回ついたあだ名は、「山をなめきっている男」…何故!?その理由はポケットに入れたままの彼の左手が物語っています。

疲れの色が見えるメンバーたち。


植樹エリアまだあと少しという所で、今回最高の斜面が私たちを待ち受けていました。
この時点でメンバーの口からは会話が消え、ただひたすら足を動かしている状態でした。


本日の目的地。崖…?!。


ようやく植樹エリアに到着!
下から見上げてる時は分かりませんでしたが、上に着いてみるとかなりの急斜面です。
しかも足場が悪く、気を抜くと足を取られて転びそうになりかなり危険です。


Soxのクワさばきが冴える!


お昼休憩を取り、鋭気と空腹を満たした後は、いよいよ本日のメインイベントです。
去年と同様に、まずクワで深さ30cmほどの穴を掘ります。
言葉にすると楽そうに思えますが、木の根や石などがあってこれがなかなか大変なんです。
そんな時頼りになるのが、我らがSox!
腰の入ったクワさばきで、どんどん掘り進めていきました。


植樹の名コンビ、Sox&あべっち。
人の3倍植えてました。


穴を掘り終わったら、そこに苗木を植えます。
根を折ったりしないように、丁寧に穴に入れて土を盛り、最後に乾燥を防ぐために落ち葉を被せます。


森の妖精も虜にしそうなサントリーの笑顔。
惚れてまうやろー!


今回はブナ、ウワズミサクラを始め、25種類の苗木を植えました。
立派な木に成長するのには20年ほどかかるそうです。


植樹終了直後の記念撮影。


全ての苗を植え終えて植樹終了!
心地よい疲労感と溢れる達成感から、メンバーの顔に安堵の表情が浮かびます。


倒木が一行の行く手を阻む。


これで終わらないのが特別編。
帰りは行きとは違うルートで下山しました。
そのルートというのがまた凄い。
道幅30cmですぐ横が崖という道が延々と続きます。
しかも、ところどころに倒木などがあり、非常に緊張感溢れる下山となりました。


グリーンのエリアが今回植樹を行った場所です。
数十年後にまた訪れてみたいです!

他の活動リポートはこちら↓
 

トップに戻る