【第44回】

実施日
天気
場所

: 2011/10/25(火)
:晴 最高気温30℃
:都立尾久の原公園(東京都)

 

立派な岩に公園の名前が刻まれています


10月に入ったのにこの日は驚きの30度越え!

そんな中訪れた場所は、GROW初登場となる「都立尾久の原公園」です。

尾久の原公園は荒川区唯一の都立公園で、旭電化尾久工場跡地に現在も造成中です。


キレイに整備されていてゴミが余りない?!


今回の参加メンバーは、あべっち、ロジ、バード、calbeeの4名です。

メンバー総出で手分けしてゴミ拾いを開始です!

園内は緑豊かで、ススキやイチョウなどがメンバーの目を楽しませてくれました♪


ようやく初ゴミをゲット!


メインストリート周辺はほどんどゴミがなかったので、一歩踏み込んで木立の間のゴミを探します。

この日のゴミ初ゲットは、身体は30歳だけど心は永遠の10代のcalbeeでした!(笑)


銀杏を見ると秋を感じますね


イチョウもいろづき銀杏が落ち始めていました。

ちなみにイチョウにはオスとメスがあって、メスの木にしか銀杏がならないと言われています。

銀杏はあの独特の匂いが嫌だけど、串焼きにしたりすると美味しいですよね〜♪


30度越えの中、ダウンジャケットを着ている謎の男…


30度を越える暑さの中、なぜかこの男(バード)はダウンジャケットを着ての参加です。

GROWメンバーからは、「風邪ひいてるんですか?」「暑さで感覚が狂ってますよ!」と茶々を入れられながらも、本人は涼しい顔でゴミを拾っていました(笑)


こういう景色を見ると自然っていいなって思います


園内には、湿地性の保護や大雨の時の水害対策のための池が整備されていました。

この池には多くのトンボが生育していて、4月はギンヤンマ、5月はシオカラトンボ、6月はアキアカネなどが見られるそうです。


仕事もGROWも手を抜かない男です!


前回大活躍だったリーダーあべっちは、この日はもくもくとゴミ拾いに勤しんでいました。

真剣な眼差しでゴミを探す姿は、狩りに臨むマサイ族を彷彿とさせます!


どんだけ野生児なんだこの男は!


真剣にゴミ拾いをしていると思いきや、茂みをまさぐり何かを掴んでこちらに歩いてきました…(汗)

あべっちが広げた手の先を見てみると、そこには小さなバッタが!!

バッタをこんなにまじまじと見たのは何十年振りです。

これが仮面ライダーの元になったのか…(笑)


カメラを向けるとニコっと笑ってくれる笑顔がステキです♪


ロジはグラウンドのそばを重点的に清掃していました。

ゴミはフェンスの根元に意外と落ちているんです。

園内は思っていたよりもずっと広くて、一回の清掃では回りきれないほどでした。


こういう場所で一日ボーっとしてみたいです


公園の裏側には隅田川が流れています。

釣りをしている人もいて、水の流れのようにゆっくりとした時間の流れを感じることができます。


calbee、ポーズ違うよ(笑)


今回はなかなかゴミがなくて苦戦しましたが、百戦錬磨のGROWメンバーの頑張りでゴミをゲットすることが出来ました。

記念撮影はなぜか剣道のポーズでパシャリ!

今回の活動エリアは左の地図の通りです。

まだまだまわりきれていない場所があるので、近い内にもう一度来たいと思います。

他の活動リポートはこちら↓
 

トップに戻る