【第53回】

実施日
天気
場所

: 2012/07/24(火)
:曇 最高気温30℃
:荒川河川敷(東京都)

 

本格的に夏が到来し、草木がこれでもかというくらい青々と生い茂っています。


梅雨が明けて日ごとに気温が上昇する中、額の汗をぬぐいつつ真夏のGROWに行ってきました!

今回はまだ1度も行ったことがなかった、江北JCT側の荒川河川敷を清掃しました。


足を踏み入れて雑草の長さに驚かされました!


参加メンバーはレギュラーとして定着している、グーグル、ロジ、ちゃり、マージン、カルビー、バードの6名です。

膝下まで伸びた雑草にメンバー全員、悪戦苦闘していました(汗)


花冠を作りたくなりますね〜♪


土手を遠目から眺めると、緑色の絨毯に小さな花の刺繍がしてあるように見えるくらい、一面に草花が生い茂っていました。


階段のゴミは隅に集まるので、効率良くゴミをゲットできます!


総務のスペシャリストのロジは、手慣れたトング捌きで小さなゴミも逃さず収集していました。

土手の上はそよ風が吹いていて、少しだけ夏の暑さを和らげてくれて気持ち良かったです。


結婚秒読み段階でリアル充実中です。


韓国で徴兵経験のあるカルビーは、夏の暑さにもビクともせず、どんどんゴミを拾い集めていました。

ちなみにソウル(韓国)の7月の平均最高気温は30度で、東京の29度より1度高いそうです(意外)


雑草の奥に隠されていたお宝(ペットボトル)をゲット!


自転車通勤で鍛えた健脚をここぞとばかりに活かして、土手一面を駆け巡っていたちゃりでしたが、その額には大粒の汗が浮かんでいました。

あまりに暑そうにしていたので、荒川に飛び込むんじゃないかと心配しました(笑)


バッタを見ると、小学生の頃に友達と芝生でバッタ捕りをしたことを思い出します。


ちゃりがおもむろに突き出したトングの先を良く見てみると、なんとバッタが止まっていました!

形から推測すると、ショウリョウバッタ?


土手のすぐ脇を首都高速川口線が通っていて、その巨大さを実感させられます。


グーグルは土手のてっぺんの草むらを担当しました。

土手の上は、タバコの吸い殻が草むらの中に多く捨てられていて、拾うのに結構苦労しました(汗)


なぜ木の上に空き缶があるのか!?…謎です。


マージンは桜の木の幹の部分に引っ掛けられていた謎の空き缶を見つけ、おそるおそるゴミ袋に入れていました(笑)


冷たくて気持ち良い〜♪


集合写真は高速道路の巨大な支柱をバックに撮りました!

支柱がひんやりして気持ち良かったので、ついついもたれ掛かって涼んでしまいました(笑)

今回の活動エリアは江北JCT側の荒川河川敷です。

梅雨明けして暑さも厳しくなってきましたが、GROWは毎回全力投球です!

次回のGROWは夏真っ盛りの8月を予定しています!

今回のGROWの動画はこちらです。

他の活動リポートはこちら↓
 

トップに戻る