【第66回】

実施日
天気
場所

:2013/08/13(火)
:晴 最高気温35℃
:北鹿浜公園(東京都)

 

「交通公園」とも呼ばれています。


高知県の四万十市で2日連続で40度超えを記録する酷暑の中訪れたのは、足立区にある北鹿浜公園です。

今回が初めての訪問だったので、公園の入り口にいきなり踏み切りがあって驚きました。


まるで蒸し風呂に入っているような暑さです。


今回の参加メンバーはあべっち、グーグル、Marco、バードの4名です。

写真だと分かりづらいですが、立っているだけで全身から汗が滴り落ちるくらい暑いです…。

そんな状況でも暑さに負けずゴミを拾います!


ミニ列車のクオリティの高さに、大人でもテンションが上がります!


園内にはミニ列車が設置されていて、毎週土曜、日曜、祝日に運行しているそうです。

この日は平日だったので、残念ながらミニ列車の勇姿を見ることはできませんでした。

いつかミニ列車に乗りながらゴミを拾ってみたいです(笑)


吹き出す汗であっという間にシャツの色が変わりました。


園内は非常にキレイに清掃されていたので、外周を重点的に清掃しました。

枯れ枝や葉っぱが多く、ゴミらしいゴミが落ちていなかったので、Marcoはちょっと物足りなさそうな表情をしていました(笑)


なぜこんなところにお金が?!


突然、Marcoに呼び止められて、何ごとかと思いつつMacroが指差す先の花壇に近づいてみると…。

なんと!大切なお金が落ちていました。

40円と言えどもお金なので、拾って公園の管理人さんに届けました。


あべっちも全身汗だくでゴミを拾っていました。


あべっちも花壇の周りでゴミを拾っていましたが、拾うゴミの数よりしたたり落ちる汗の数のほうが多い感じでした(笑)

ここまで暑い夏は初めてかもしれません…。


セミ取り名人出現!


ゴミを拾っていたあべっちが突然木の幹に向かって手を伸ばしたかと思ったら、その手にミンミンゼミが握られていました(驚)

素手でセミを捕まえるなんて、どんだけ野生児なんですか?!(笑)


一瞬、昭和に戻ったのかと勘違いしました。


ゴミを求めて移動していると、懐かしい風景が視界に飛び込んできました。

ちょっと前の時代では、こういう風景が当たり前だったんですよね〜。

グーグルもゴミを拾っていた手を休めて、しばらくの間風景を眺めていました♪


今にも走りだしそうです。


北鹿浜公園の入り口には、なんと本物の蒸気機関車(C5075)が展示されています!

展示さているC5075は1929年(昭和4年)に製造され、1971年(昭和46年)に引退して足立区に来るまで、旅客・貨物用機関車として約200万kmも走り続けたそうです。


車椅子用の電話ボックス?


公園の脇にいくと、巨大な電話ボックスを発見しました。

携帯電話の普及でほとんど見かけることがなくなった電話ボックスですが、こんな大きな電話ボックスは初めて見ました!

珍しいもの見たさで、バードは電話ボックスに入ってゴミを拾っていました(笑)


いい大人がブランコに乗って大興奮!


記念写真は、参加メンバー全員でブランコに乗って撮りました。

ブランコに乗るのは数十年振りだったので正直ちょっと緊張しましたが、野生児のあべっちはそんな自分を横目に、豪快に助走をつけてブランコに乗っていました。

今回は初訪問ということもあり、ゴミを拾うポイントを試行錯誤しながらの活動になりました。

園内は非常にキレイで整備されていたので、次回訪れる際ははじめから外周を重点的に清掃したいと思います。

ちなみに園内には交通ルールを学べる施設や器具がいくつもあるので、お子様がいらっしゃる方は一度遊びにいくことオススメします!

今回のGROWの動画はこちらです。

他の活動リポートはこちら↓
【第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回】【第6回】【第7回】【第8回】【第9回】 【第10回】【第11回】【第12回】
【第13回】【第14回】【第15回】【第16回】【第17回】【第18回】【第19回】【第20回】【第21回】【第22回】【第23回】
【第24回】【第25回】【第26回】【第27回】【第28回】【第29回】【第30回】【第31回】【第32回】【第33回】【第34回】
【第35回】【第36回】【第37回】【第38回】【第39回】【第40回】【第41回】【第42回】【第43回】【第44回】【第45回】
【第46回】【第47回】【第48回】【第49回】【第50回】【第51回】【第52回】【第53回】【第54回】【第53回】【第55回】【第56回】【第57回】【第58回】【第59回】【第60回】【第61回】【第62回】【第63回】【第64回】【第65回】
 

トップに戻る