湿し水関連資材
アルカリ紙によるトラブルを解消
■カルシウム付着防止剤 ■CALCIUM DEPOSIT INHIBITOR
労安法 該当無し
消防法 該当無し
PRTR法 該当無し


【特長】

アルカリ紙は通常、高レベルの炭酸カルシウムを成分として含んでいます。炭酸カルシウムや水に溶けない他のカルシウム塩は稼働中に、インキローラーや版、ブランケットの表面に堆積しインキローラーのストリッピングや版面上のブラインディングを引き起こし、ブランケットのインキ転移不良の原因となります。紙がアルカリ性であることによって、湿し水中の酸が中性化され非画線部の不感脂化度が落ちて、白ヌキが埋まったり、刷り出しに時間が掛かったりする等の諸問題が発生します。 カルシウム付着防止剤は、アルカリ性印刷用紙を使用した場合に起こり得る様々な問題に対処するために開発された湿し水添加剤です。
□版、ローラー、ブランケット上のカルシウムの付着を防止します。
□湿し水中に酸性保持剤を加え、pH値の上昇を抑えます。
□インキと水のバランスを最適に維持します。

【使用法】

□カルシウム付着防止剤を使う前に、ローラーや ブランケット、湿し水循環装置を洗浄してください。
□湿し水10Lに対し、100〜200ml添加してください。

CODE : V750 5L×4/ケース