お問い合せ : TEL 03-3856-5111
TOP > 製品情報
販売終了品
湿し水関連資材
ヘドロ、モールドを取る、湿し水循環装置専用クリーナー
■ダイナファント555 
※在庫が無くなり次第、販売終了
■DYNAFOUNT 555 : dampening system cleaner
労安法 非該当
消防法 第4類第2石油類(水溶性)危険等級3
PRTR法 tert-ブチル=ヒドロペルオキシド


【特長】

□今までのH液の残りや、不純物を完全に除去し、湿し水の性能を100%引き出します。
□装置内に付着したモールドやスライム、ヘドロがすっきり剥がれます。
□長期間にわたる使用で汚れてしまった、湿し水循環装置にお使いください。汚れの蓄積は、印刷物に悪影響を与えます。
□機械停止時に、湿し水から悪臭・異臭がした時、ヘドロやモールド、スライムの発生を発見した時、休日の前、年末の大掃除の際、555でクリーニングしてください。


【使用法】

  • 使用中の湿し水を抜き取ってください。
  • 水道水を循環装置に入れ、ダイナファント555を、5%(水1L当り50ml)濃度になるように添加します。(最大添加量は10%まで)
  • 2時間ほど555を循環させてください。
  • 循環停止後、555添加液を抜き取ります。新しい水道水で循環装置をゆすいでください。
  • 555の強力な発泡成分が洗浄力を強化していますので、水でていねいにゆすぐことが重要です。多くの水で1回でゆすぐよりは、少なめの水で3回ゆすぐ方が効果的です。 モールドやスライム、ヘドロが剥がれてきますので、フィルターやポンプを注意して観察してください。
  • 新しい湿し水を入れてください。その後24時間ほどは、555で殺された菌類、モールド、スライム等の不純物が出てきますので、タンクのフィルターを頻繁に取り替えてください。
  • ※汚れが特にひどい時は、555を1日システム中に放置した後、クリーニングしてください。
    ※定期清掃ではなく、悪臭やモールドの発生により555を使用したときは、その原因をチェックしてください。

  • トラブルの原因は、
    • ドーサーの不調(セッティングは正しい数値でも、狂っている場合があります)
    • 湿し水メーカー指定の希釈率より薄めすぎて使用している場合、防腐剤が効いていないなどが考えられます。

    ※555は湿し水ではありません。印刷中に添加しても効果はありません。

 
CODE : 0652NBN 5L×4/ケース 
※在庫が無くなり次第、販売終了