湿し水関連資材
■ウエッブ2003 ■ GreenEco Web2003 : One step alcohol replacing fountain solution
労安法
通知対象物質:ホウ酸ナトリウム/
ジブロビレングリコールモノメチルエテール/酢酸
PRTR 
非該当
有機則
低V非該当OC
Green info
低VOC
最新の湿し水技術の採用により、代替の有機溶剤を含有することなく、オフ輪でIPAレス、高品質印刷を実現しました。環境問題に対応した低VOC湿し水です。


【 特長】

  • ウエッブ2003は、最新のアルコールレス湿し水原液です。従来のノンアルコールタイプのエッチ液と異なり、代替の有機溶剤を含有することなく、アルコールレス・高品質印刷を実現します。
  • IPA使用時よりもさらに水が絞れるほど、水が切れます。用紙の伸縮がなくなり見当精度が目に見えてよくなります。
  • インキの流動性を促進しますので、転移性を最大まで向上させます。高いインキ濃度が得られ、マイレージが向上し、インキ使用量が減ります。
  • インキと水のバランスを保ち、最適な乳化率となります。汚れを防止して、網点はシャープに刷り上がります。
  • 最近の紙質の悪い印刷用紙は炭酸カルシウムを多めに表面塗工されています。そのため炭酸カルシウムが湿し水に溶け出して、版やローラーに堆積しやすくなりますが、ウエッブ2003は、版やローラーへのカルシウムの堆積を抑えます。
  • ブランケットのインキパイリングや、紙粉残りを確実に減らします。
  • 立上りが早く、汚れのないロングラン印刷を保証します。
  • 泡立ちを抑えます。
  • 損紙の減少、インキ使用量の減少等、コストパフォーマンスに優れます。


【使用法】

  • 現在お使いの湿し水をタンクから抜き取り、水廻りを洗浄してください。湿し水タンク、水舟、フィルター、配管パイプ等を洗浄し、タンクや配管内の付着物や沈殿物を取り除いてください。クロムローラーに付着した油分を落とし、ゴムローラーのグレーズを落としてください。
  • 給水ローラーは、ゴム硬度24゜〜29°(ショアーA)のものをお使いください。IPA使用中のローラーは収縮し、硬度が高くなっている場合があります。ご使用のゴムローラーの硬度をチェックしてください。30°以上の硬度を持つローラーでは良い印刷結果は望めません。
  • 充分な湿し水が版に供給できるよう、給水ローラーのニップ圧は、従来より弱めに調節してください。 通常アルコール湿し水装置の給水ローラーは、きつめに設定されています。IPA使用の場合は、湿し水は粘度が高くなっています。 給水ローラーのニップ圧が弱ければ、湿し水はローラーから版へ容易に移動してしまい、水元ローラーの回転を低速に抑えても、必要以上の湿し水が版上に送り込まれ、ローラー上では不均一な波状の湿し水膜:コーディングが発生します。特にダールグレンやアルカラーの場合には、インキの転移にも悪影響を与えます。これまでIPAの使用では、湿し水量をより良くコントロールし、さらにコーディングを克服するため、給水ローラー間のニップ圧を強くして、湿し水を均一に送り出す必要がありました。 ウエッブ2003はローラー及び版上に均一な湿し水膜を作り、ニップ圧を弱めてもコーディングは発生しません。給水ローラーのニップ圧は、必ず従来より弱めに設定してください。
  • ウエッブ2003を、水道水に2%添加(50倍希釈)で、スタートしてください。 アルコールレスを実現する重要なポイントは、湿し水を必ず定量希釈により作成することです。ウエッブ2003はバランスのとれたバッファソリューションです。希釈してもpH変動領域が大変狭く、pHによる湿し水の管理はできません。湿し水定量希釈には、『ドーサトロンポンプ』をお薦めいたします。
  • ウエッブ2003の使用によりインキ転移性が最大まで高められます。従来通りのインキ供給量では、転移するインキが多くなりすぎ、汚れの原因となります。インキは従来より絞ってください。
  • 最適な湿し水濃度を見つけて伝導率を測定し、標準値としてください。印刷中にも時々測定し、測定値が大きく標準値と異なるときは、インキ、ガム、紙粉等の不純物の混入が原因です。湿し水を交換してください。

    ウエッブ2003は連続給水装置だけでなく、モルトン式湿し水装置でもお使いいただけます。水を最少限に絞れます。


含有率 伝導率 pH 静的表面張力 動的表面張力
μS dyne/cm dyne/cm
0 73 8.1 72 72
1 650 5.25 36 56
2 1125 4.85 36 51
3 1525 4.7 35 45
4 1915 4.62 34 44
※表中の数値はW.G.I.社での測定値です。

 

コーディングの発生したローラー
CODE : 0012NBE WEB 2003(10L/ポリ)
CODE : 0016NBE WEB 2003(25L/ポリ)