湿し水関連資材
ロングセラー、ウエッブファントの安定性をノンアルコール湿し水で実現しました
■プレスコントロールEWJ/EWJスーパー ■PRESS CONTROL EXTRA WET FOR JAPAN
消防法
非該当
有機則
非該当
PRTR法
非該当


プレスコントロールEWJは、ロングセラーを続けるウエッブファント セブンスターのメーカー、ABCケミカルによって開発された、IPAレス湿し水です。新開発のフロー促進剤により、従来のノンアルコール湿し水に無い低い動的表面張力を実現。湿し水のローラー上又は版上に広がるスピードを速める特殊成分を含んでいます。初めて使用したオペレーターによると、「損紙が少なくすぐ本刷りにかかれる」、「他のノンアルコール湿し水より水が絞れる」、「インキ濃度が上がり、網点もシャープに出る」等の意見が一様に聞かれます。


【特長】

  • 新開発のフロー促進剤により、IPA無しでも水上がりが良く、高速オフ輪機でも水ローラーの両サイドに湿し水が瞬時に行きわたります。他のノンアルコール湿し水より水が絞れ、乳化も安定します。
  • 普通紙、コート紙、合成紙等、用紙を選びません。
  • 金属板(PS版、CTP版)、プラスチック版のどちらにも使えます。
  • 安定したバッファーの働きにより、pHはほとんど変化しません。(注意:伝導率での管理が必要です。)
  • 高品質の殺菌剤により循環装置に微生物は発生せず、またインキやアルカリ紙から溶け出したカルシウムは、イオン封鎖剤の働きによりローラー上に付着しません。
  • サビ防止剤により版や機械が錆びることはありません。
  • 消泡剤により活性剤や機械から発生する泡を最小限に抑えます。
  • リン酸を含有していませんので、プラチナの触媒に悪影響を与えません。
  • 白抜き、ハーフトン、いずれもシャープに印刷できます。
  • プレスコントロールは3%希釈ですが、日本の市場用に開発された2%希釈のプレスコントロールEWJスーパーもございます。


【使用法】

  • ノンアルコールで印刷をしている場合は、原液希釈率2.5%でスタートし、必要に応じて0.5%単位で希釈を上げてください。
  • アルコールを使用している場合、或いは高速オフ輪機の場合は、原液希釈率3%からスタートし、必要に応じて希釈を上げてください(最大4%)。アルコールをなくすことで、湿し水の粘度は少なくなりますので給水装置の目盛を少し上げて印刷を開始してください。
CODE : 0227BJF プレスコントロールEWJ:25L/ポリ 
CODE : 0223BJF プレスコントロールEWJスーパー:10L/ポリ 
CODE : 0226BJF プレスコントロールEWJスーパー:25L/ポリ