オフ輪関連資材
ブラシ式自動洗浄装置からの廃液を再利用! 廃液の産廃代と洗浄剤の購入代を大幅に削減します!
ソルベントリサイクラー Solvent Recycler


【特長】

ソルベントリサイクラーはブラシ式自動洗浄装置からの廃液の約80%を、再利用可能な洗浄剤に蘇らせるリサイクル装置です。廃液を高温で気化させ蒸留させる事により、液体(洗浄剤と水)と固体(インキ、パウダー)に分離。廃液の産廃代を大幅に削減するだけでなく、洗浄剤を再利用出来ますので、大幅なコストダウンが可能になります。

残った固形ゴミは少量ならば燃えるゴミで紙やダンボール類と一緒に処理。大量ならば廃プラとして処理をして下さい。

  • 溶剤の約80%をリサイクル可能で、使用量を大幅に削減できます。
  • 溶剤廃液の廃棄代を大幅に軽減します。
  • 固形分の汚れは乾燥チップとして取り出せます。廃棄が容易です。
溶剤原液
(弊社製品ハイドロロン)
  廃液
(SM102機より)
  再生油
(再び自動洗浄で使用可能)
【機種】

製品名

25L
42L
62L
90L
140L
200L
製品
タンク容量
25L
42L
62L
90L
140L
200L
電源
2.5KW:220V
単相
50Hz/60Hz
2.5KW:220V
単相
50Hz/60Hz
3.2KW:220V
単相
50Hz/60Hz
8KW:400V
3相
50Hz/60Hz
12KW:380〜415V
3相
50Hz/60Hz
12KW:380〜415V
3相
50Hz/60Hz
サイズ
80x60x100
96x60x100
105x60x110
90x110x170
150x90x165
150x90x165
重量
78kg
102kg
125kg
245kg
340kg
364kg
【併用機/ 消耗品】
バキュームジェネレータ
ソルベントリサイクラーは沸点180℃の溶剤を蒸留可能ですが、オフセット印刷に使われる灯油等の洗浄剤は240〜260℃の高沸点のため、これらを蒸留するには「バキュームジェネレーター(真空発生タンク)」を併用する必要があります。バキュームジェネレーターはリサイクラーのタンク内を0.3 気圧に下げて、高沸点の洗浄剤も180℃以下で蒸留可能にします。
※バキュームジェネレーターの使用には単体のコンプレッサーが必要となります。
・到達真空度:71〜85%
・コンプレッサー空気圧力
:1〜5kgf/m
・同消費量:43/23min
・25L/40L/85L/140L/215L
耐熱ビニールバッグ
ソルベントリサイクラーのタンクに設置し、中に廃液を入れる為の特殊耐熱ビニールバッグです。蒸留後はインキやパウダーがチップ状となってこのバッグの中に残ります。連続3 回の使用に耐える強いバッグです。(100 枚パック)
・25L/42L/62L/140L/200L
分離タンク
蒸留後の再生液は水と洗浄剤の2 層に分かれます。分離タンクを使用すると、洗浄剤のみを簡単に取り出す事が可能です。
・65L
CODE : 9921PJO ソルベントリサイクラー:25L/1台
CODE : 9922PJO ソルベントリサイクラー:42L/1台
CODE : 9923PJO ソルベントリサイクラー:62L/1台
CODE : 9924PJO ソルベントリサイクラー:90L/1台
CODE : 9925PJO ソルベントリサイクラー:140L/1台
CODE : 9926PJO ソルベントリサイクラー:200L/1台
CODE : 9930PJO バキュームジェネレーター:25L/1台
CODE : 9931PJO バキュームジェネレーター:40L/1台
CODE : 9932PJO バキュームジェネレーター:85L/1台
CODE : 9933PJO バキュームジェネレーター:140L/1台
CODE : 9934PJO バキュームジェネレーター:215L/1台
CODE : 9936PJO 分離タンク
CODE : 9940PJO 耐熱ビニールバッグ25L
CODE : 9941PJO 耐熱ビニールバッグ42L/62L
CODE : 9942PJO 耐熱ビニールバッグ140L
CODE : 9943PJO 耐熱ビニールバッグ200L